『明日、悲別で』周南公演

『北の国から』など多くのテレビドラマの脚本で
知られる、日本を代表する脚本家・倉本聰さんが
主宰していた富良野塾の出身者による演劇集団
富良野GROUP」の周南公演が2月10日(日)
周南文化会館で行われます。
作品は『明日、悲別で』
脚本・演出はもちろん倉本聰さんです。
1984年の連続テレビドラマ『昨日、悲別で』の放映後、
1990年に舞台化されたのが『今日、悲別で』
初演以来、カナダ・ニューヨークの海外公演を含め
8回の再演で241公演を重ねてきた名作舞台です。
海外公演でもスタンディングオベーションが
沸き起こるほど、国籍・人種も超えて普遍的な感動と、
観客自身の人生や価値観に大きな問いかけを与える作品です。
本作は架空の炭坑町・悲別を舞台に、人間が本来もつ
エネルギーが作品の根底を流れるテーマとなっています。
2011年に発生した東日本大震災、またそれによって
引き起こされた原発事故を受けて、倉本さんと
富良野GROUPキャスト・スタッフ、再演を望む
沢山の人の想いが一致し、2012年夏に『明日、悲別で』
というタイトルで全国公演され大反響を巻き起こしました。
悲別という架空の炭坑町はそのままに、昨日・今日・明日と、
タイトルの時間軸が移っていくのには
どんな意味や想いがあるのでしょうか? 
大きな時代の分岐点にたっている今だからこそ、
この舞台が投げかけているものは何なのか…。
待望の周南公演、ぜひご覧ください。
P1020497.JPG
平成25年2月10日(日)14:00開演
 
料金( )は当日券
 指 定 席    ※売切れ
 一階自由席   2,500円(3000円)
 二階自由席   2,000円(2500円)
  (学生500円割引)   ※未就学児入場不可
お問い合わせ:周南市文化会館   0834-22-8787
【プレイガイド】
(周南)文化会館・近鉄松下  (下松)スターピアくだまつ 
(光)市民ホール   (防府)アスピラート
(ローソンチケット)0570-084-006[Lコード:62443]

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お問合せ

お問合せ

まちづくりの事例紹介やコンサルティング、周南市での事業開始についてのご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。