パークタウン・ストリート

徳山の中心市街地に来られた方が、
歩きたくなる、くつろぎある公共空間
だと思っていただければ、魅力ある商店街として
来街者増加につながると考えられます。
中心商店街が、まるで公園のように
皆が憩える場となり、人や自然、文化などが
共生・交流するパブリックスペースとなり、
歩きたくなる、ひと中心の街なかを
作り上げていく試みが『パークタウン構想』です。
この中心市街地活性化のコンセプトである
『パークタウン』を実現すべく、
歩車共存の社会実験を実施することになりました。
パークタウンストリート_R.jpg
社会実験の実施内容は、一番街および銀座通り(休日のみ)
において、プランター・ガーデンテーブル・ベンチなど
を多数設置することにより、歩行者にとって
「歩きたくなる」「憩える」空間として体感して頂き、
その効果や影響を検証します。
また、周南市の中心市街地・玄関口としてふさわしい
“空間演出のあり方”も検証、効果や課題を把握する
内容となっています。
期間は、5月28日(月)~6月3日(日)の7日間。
6月3日(日)あわせて行われる「みんなのバザール」の
歩行者天国時のみ、銀座通りが全面通行止めの
通行規制が敷かれます。
一番街の『HOLIS』ではワークショップで作成した
「歩車共存のまちづくり」の模型やパネル展が
開催され、カフェサービスもありますので
お気軽にお立ち寄りください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お問合せ

お問合せ

まちづくりの事例紹介やコンサルティング、周南市での事業開始についてのご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。