サンエコー(銀座毎日興業ビル)

サンエコー(銀座毎日興業ビル)1Fの北側に、
朱色の格子で囲まれた小さな祠があるのをご存じですか?
この祠には、お稲荷様と地神様が鎮座されています。
サンエコー2.JPG
このサンエコーのビルは、戦前には歌舞伎座という
日本建築の豪奢な劇場があり、そこでは歌舞伎などの
伝統芸能のほかにも、当時の人気スターの公演なども
行われ、文化と娯楽の中心地として多くの人々が集い
大変な賑わいをみせていたそうです。
しかし歌舞伎座は戦時中に焼失、その後建てられた映画館も
2度にわたって焼失しました。
度重なる火災から神様に守って戴きたいとの願いを込め、
現在のビルを建てる際に、お稲荷様に鎮座していただく
ほこらを設けることになったそうです。
そしてこのビルを建設したのは、昭和モダン建築の巨匠・
村野藤吾氏。日本建築界で最も著名な建築家である
村野氏の設計であるというのは、つい最近までは知られる事が
なかったそうです。隣のテアトル徳山(新毎日興業ビル)も
村野氏の設計。中心商店街に日本を代表する建築家の
設計した建物が現存するというのはとても興味深いですよね。
毎日興業には、設計者として村野氏の名前が
記された設計図が大切に保存されています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お問合せ

お問合せ

まちづくりの事例紹介やコンサルティング、周南市での事業開始についてのご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。