テアトル徳山

1967年に開館した「テアトル徳山」。
45年もの歴史を誇り、地元の映画ファンから愛されてきた
商店街の映画館が休館することを発表されました。
現在の映画はデジタル上映が主となっていますが、
テアトル徳山は、フィルムならではの味わいが楽しめる映画館として
芸術性の高い、珠玉の名画を数多く上映してきました。
テアトル1.jpg
まさに街の顔だった映画館が休館となるのは、本当に寂しい限りです。
日本を代表する建築家・村野藤吾氏設計の映画館として
(大規模な改修が行われているものの)
劇場内は建設当時の芸術的・劇場的意匠の面影を感じられ、
その素敵な空間で名画を楽しむ事ができるのも
この映画館の大きな魅力の一つでした。
『初めて映画をみたのは、テアトル徳山だった』 
『学生の頃、学校帰りによく立ち寄った』…。
テアトル徳山に沢山の思い出を持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
休館まであと約1ヶ月半となりました。複合型の映画館にはない、
“映画館らしい劇場”で、ぜひ映画を楽しんで頂きたいです…。
テアトル徳山の11月・12月の上映ラインナップはコチラから
https://theatoku.com/
11月24日(土)、25日(日)にテアトル徳山、テアトル徳山Ⅰ、
シネマ・ヌーヴェルで開催される【周南“絆”映画祭】も
より多くの方のご声援頂きたいと、引き続きサポータ会員を
募集しています。お申込み、会員特典詳細はコチラから
 
https://www.shunaneiga.org/supportor.html
とてもお得な、映画祭1DAYチケット、2日間共通フリーパスポートも好評発売中!
詳しくはコチラから  https://www.shunaneiga.org/ticket.html
P1010960.JPG

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お問合せ

お問合せ

まちづくりの事例紹介やコンサルティング、周南市での事業開始についてのご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。