周南「絆」映画祭記者発表会

第四回周南「絆」映画祭(11月24日、25日開催)の
記者発表会が映画祭会場の一つである、
銀南街のシネヌーヴェルで行われました。
P1010982.JPG
公式発表が待たれていた、注目の豪華ゲストと上映作品は…
◆第四回周南「絆」映画祭 招待ゲスト(順不同・敬称略) ◆
 國村 隼(俳優) 
 塩谷 瞬(俳優)
 JIRO(特殊メイクアップアーティスト)
 長澤雅彦(映画監督)
 松田美由紀(女優)
 丸山昇一(脚本家) 
 
☆上映作品☆
『ブラック・レイン』    (監督 リドリー・スコット 1989年 アメリカ)  
『カメレオン』       (監督 阪本順治 2008年)
『夢売るふたり』      (監督 西川美和 2012年)
『白雪姫と鏡の女王』    (監督 ターセム・シン・ダンドワール 2012年 アメリカ)
『ツレがうつになりまして。』 (監督 佐々部清 2011年) 
『半落ち』         (監督 佐々部清 1998年)
『キサラギ』        (監督 佐藤祐市 2007年)
『長崎ぶらぶら節』     (監督 深町幸男 2000年)
『王朝の陰謀』       (監督 ツイ・ハーク 2010年 中国・香港)
『レンタル彼氏』      (市民参加による長澤雅彦監督新作短編 映画祭特別企画作品)
今年新設された【松田優作賞】の発表・授賞式は
11月25日(日)に行われます。最後まで優秀な脚本を
求め続けたという松田優作氏の志を受け継ぎ、
優秀な脚本家を発掘するという点でも、この賞は
大きな意味をもっていると会見で語られていましたが、
日本全国からはもちろん海外からも応募があり、
総数で151もの脚本がよせられた事からも、
その注目度の高さが伺えます。
授賞式には、選考委員でもある夫人の松田美由紀さんや
松田優作氏が最も信頼していたという脚本家・丸山昇一さんも
出席されます。
その他にも豪華ゲストによるトークショーや
小川仁志さんの『哲学カフェ』、
原田侑子さんによるミニライブなど盛りだくさんの
イベントを企画して、来場された皆さんに楽しんで
戴けるように準備を進めています。
この映画祭を一緒に盛り上げていただく
サポーター会員も引き続き募集しております。
詳細やお申込みは周南映画祭公式HPをご覧ください。
https://www.shunaneiga.org/
テアトル劇場内.jpg

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お問合せ

お問合せ

まちづくりの事例紹介やコンサルティング、周南市での事業開始についてのご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。