徳山商店街の“東京あやかり地名”

前回ブログでも紹介しましたが、
徳山は、新宿・原宿・銀座・青山・代々木
有楽町・晴海埠頭・二番町etc…と
東京の地名がとても多く
まるで“リトル東京”のようです。
徳山中心商店街にも、東京“あやかり地名”が
いくつかあるので、その由来について調べてみました。
第二次世界大戦で、市街地の約9割が焼失した徳山の街は、
戦後、戦災復興都市計画により新住所表示に改める際に
徳山の戦後復興と発展を願って、首都東京にあやかり
東京の地名が多く名付けられたそうです。
徳山中心商店街の東京あやかり地名といえば【銀座】。
これは、幸町・佐渡町が合併してできた町名で、
最初は、二つの町の名前をとった“佐幸町”という名前が
候補に挙がったのですが、どちらの町名を先に
もってくるかでモメて、最終的に【銀座】となったそうです。
P1010213.JPG
なお…糀町は、東京の麹町のあやかり地名ではなく、
もともとの地名がそのまま残りました。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お問合せ

お問合せ

まちづくりの事例紹介やコンサルティング、周南市での事業開始についてのご相談などまずはお気軽にお問い合わせください。